子ども部屋の家具の上手な選び方

_50A3510

子ども部屋はお子様の成長に応じて役割が変化していきます。

お子様が小さいときは兄弟の遊び場に。
子どもたちだけで眠ったり遊んだり、自分で着替えをしたり、お子様の自立を助ける場にもなります。
大きくなってからは、勉強部屋や趣味を楽しんだりくつろぐ場所に。

しかし、幼少期から高校生・大学生まで同じ部屋を使い続けることを考えると、
年齢ごとに家具を変えていってはコストが掛かってしまいます。

子どもっぽいかわいらしいインテリアに憧れる方も多いですが、
5年先、10年先の子供の成長まで考えて家具を選ぶことが大切です。

お子様の趣味等は成長によって変わってきてしまうので、お子様の意見を取り入れつつ、長く使えるものを選びましょう。

この記事をもっと読む