ソファ や ベッド、テーブルなど大型家具の 処分 の仕方

sodaisyasin

家具には、ソファやベッドなどとても大型で重量もあるものが多いので、いざ処分しようとしても大変です。
また、どうやってそのような大きな家具を処分したらよいのか分からない方も多数いらっしゃると思います。
そこで、家具の処分方法について説明させていただきます。

家具の処分の方法は大きく分けて5つあります。

 

 

①自治体に依頼して家具を処分する

 

一般的に家具が不要となって捨てる場合、粗大ゴミとして処分することになります。

可燃ごみや不燃ごみとしてそのまま捨てることはできず、自治体へ処分の申請が必要です。住んでいる地域によって、出せるごみの種類やごみの出し方が異なりますのでまずは住んでいる自治体のHPをチェックしましょう。多くの地域では電話やHPで処分の依頼ができます。その際に必要となるゴミ処理券の金額や受付番号等が聞けますので、ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどの取扱店に指定されているお店で購入します。処分するゴミによって金額が違うので、間違えないように注意しましょう。そして、指定された日時、場所に、ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し貼り付け、当日の朝運んでおくと昼間に自治体の方が回収してくれます。また、自治体の処分場に自分で持ち込むという方法もあります。自分で持ち込むことで、処理手数料が割引になるので時間に余裕がある方は自分で持ち込むとお得です。持ち込み処分をするためにも、事前に希望の持ち込み日と場所を申請する必要があります。こちらも各自治体のホームページで手順や料金は確認してください。

 

 

②不用品回収業者を利用する

 

自治体に粗大ゴミとして捨てる時との違い、民間の業者に頼めばすぐに回収してもらえます。粗大ゴミは捨てられる日が決まっているので、その日にしか捨てることができません。捨てたいと思っているのに例えば自治体の次の粗大ごみの日が1ヶ月後だった場合、その間家にその家具を置いておかなくてはなりません。

すぐに処分したいならば、不用品回収業者が一番です。早ければ連絡したその日に引き取りにきてもらえます。また、大きな家具でも家まで取りに来てくれるで、外に搬出するのが大変な家具を捨てる際にはとても助かります。

 

 

③リサイクル業者に処分する家具を買い取ってもらう

 

比較的綺麗で、まだまだその家具が使えそうならば、リサイクル業者に買い取ってもらうこともできます。売却した金額を受け取れるので、次の家具を買う足しにもなります。汚れがひどかったり壊れてしまったものなど、もう使えなさそうな家具であれば、ゴミとして処分をしてくれる業者もありますが、自治体の処理代と比べて値段が高くなることが多いです。
しかし、自宅まで引き取りにきてくれるし、回収日もこちらの希望の日に来てもらえることが多いため、大型の家具であれば民間に依頼する方が楽かもしれません。

 

 

④フリマやネットオークションに出品する

 

③の状況と同様、まだ使えそうな状態のものであれば、フリマやネットオークションに出品することもできます。売れるかどうか、いつ売れるかは分からないが、売れさえすれば、リサイクル業者への売却価格よりも高くなる場合が多いです。

 

 

⑤引越し業者に引き取ってもらう

 

もし、家具処分のタイミングが引越しである場合には、引越業者に家具の処分を依頼することもできます。
料金も処分してくれる家具も業者によって違ってくるので、見積もりを依頼する時に、処分したい家具のリストも作っておいて、一緒に不用品回収の見積もりもとってもらいましょう。

 

 

【番外編】家具修理業者にお願いし、直してもらう

もし、家具が壊れても、処分をする前に家具修理業者に相談するという手もあります。
ソファや椅子の張り替えや塗装の塗り直しはもちろん、座卓をダイニングテーブルにしたりタンスをTV台にしたり等、家具のリメイクすることだって可能です。
長年使った大事な愛着のある家具を捨てたくないという方に、とてもおすすめです。修理やリメイクでもう一度よみがえらせてあげましょう。